『出雲・赤名あのころの思い出歳時記』

夢見草の会


定 価: 本体1,800円+税(税込1,944円)
発売日: 2016年9月12日
判型/頁: A4判変型 並製 108頁
ISBN: 9784906822850

残しておきたい、ふるさとの催事、しきたり、料理、遊び、歴史…。 昭和20年代~30年代の日本は、豊かではなかったけれど、人びとの心は充実していました。 ページをめくると、懐かしいふるさとの〝あのころ〞を思い出します。

オールカラー、絵本のような歳時記ができました。

「夢見草(ゆめみぐさ)」とは、桜の別名。
赤名で過ごした長い冬のなかで、桜の咲く季節をひたすら待った……
そんな気持ちを思い出して、中村、三島、倉橋の集まりに付けたグループ名です。
ちなみに陰暦の3月を「夢見月」といいます。
また、蝶を「夢見鳥」と、趣のある呼び方をすることもあります。

▲top

掲載の記事・写真・イラスト等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます
Copyright (C) 敬文舎 All Rights Resereved.