『縄紋時代史<下> 生活世界の激変』

安斎 正人


定 価: 本体9,500円+税(税込10,450円)
発売日: 2021年3月8日
判型/頁: A5判 上製 384頁
ISBN: 9784906822522

縄文時代後期〜晩期の遺跡から、冷涼期の縄文人の生活世界に迫る。

◉目次
[第九章]生活世界の再構築
中期から後期へ
後期前葉
[第一〇章]階層化指向の社会
後期中葉以降の生活世界
三四〇〇年前の変動(3・4ka現象)
西日本の後期の世界
[第一一章]冷涼気候下の生活世界
低地の開発
河川景観
死者の世界
北方猟漁民
[第一二章]縄紋世界の終焉
亀ヶ岡式期
冷涼期の対応
縄紋から弥生へ

●安斎 正人(あんざい まさひと)

1945年、旧満州生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。元東北芸術工科大学東北文化研究センター教授。縄紋文化の変化と気候変動との関連を考えている。

▲top

掲載の記事・写真・イラスト等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます
Copyright (C) 敬文舎 All Rights Resereved.