『若冲VS応挙』

安村 敏信


定 価: 本体1,800円+税(税込1,944円)
発売日: 2019年2月19日
判型/頁: B5判変形 並製 112頁
ISBN: 9784906822652

新シリーズ発刊!二人の絵師の新しい魅力を発見!

◉同じ画題の絵を徹底的に見くらべる。
◉可能な限りアップを用い、筆の使い方や 描き方を見くらべる。
◉動物、人物、草花まで、くらべるテーマ は28対決。80点の写真で、絵師の全貌 をあぶり出す。

【目次】より
◉鶴対決 白い羽毛の描き方に双方の工夫の違いがある
◉鳳凰・孔雀対決 愛欲の世界か、雄渾な姿態か―若冲、応挙が求めるものは・・・
◉犬対決 写生的なかわいらしさをとるか、非現実ながらおもしろい姿態をとるか
◉虎対決 本場の虎図を模写するか、虎に似たものを写生するか、どちらの手法が真実に迫るのだろうか
◉仙人対決 お手本に忠実に描くまじめさと、とことんパロディー化する凄腕の墨技
◉草花対決 生のスケッチにみる臨場感あふれる写生と、作品化された草花の形の違い
◉波濤対決 荒れ狂うリアルな波と、グラフィックにデザイン化されたおもしろい波
◉写生対決 真実に迫る写生と、幻想世界をつくり出す写生
◉知人対決 裸の付き合いか、知的付き合いか

●安村 敏信(やすむら・としのぶ)

1953年、富山県生まれ。東北大学大学院修士課程(日本美術史)終了。1979年より板橋区立美術館に勤務。同館館長。現在、北斎館館長。主な著書に『若冲BOX FIVE COLORS』(講談社)、『絵師別 江戸絵画入門』(東京美術)、『江戸絵画の非常識』)(敬文舎)など多数。

▲top

掲載の記事・写真・イラスト等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます
Copyright (C) 敬文舎 All Rights Resereved.