「日本歴史 私の最新講義」シリーズ

『民間社会の天と神仏』  深谷 克己

更新日 2015年9月4日

■他のネット書店で購入

 

(詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。)

 

 

■敬文舎で購入

下記の方法でお申し込みください

 

・電話

・FAX

メールフォーム

 

【1、書名 2、冊数 3、送り先 4、電話番号 5、氏名 】をお知らせ下さい。

※送料無料、代金後払いにてお送り致します。

2015年9月10日(木)発売予定

 

『民間社会の天と神仏』 深谷 克己

-江戸時代人の超越観念-

 

定価:本体2,400円+税(税込2,592円)

仕組み:四六判 上製 320頁

ISBN:9784906822171

 

江戸時代の人びとは、天や神仏とどのように向き合い、生きる規範としていたのか?

 

  • ◉超越観念と政治文化
    ◉農耕・諸職業の始祖言説
    ◉『農業全書』の超越観念
    ◉民間社会の教諭と超越観念
    ◉野翁の民政献言と神・儒・仏
    ◉俗間に真儒をめざした石門心学
    ◉耕作・芸能・一揆・災害のなかで 
    ◉市井国学徒の神道と儒道・仏道
    ◉反乱・世直し・創唱教団の天仏神

     

深谷 克己(ふかや・かつみ)

1939年、三重県生まれ。

早稲田大学大学院博士課程修了(文学博士)。

早稲田大学名誉教授。

専門は日本近世史。『百姓一揆の歴史的構造』(校倉書房)、『士農工商の世』(小学館)、『東アジア法文明圏の中の日本史』(岩波書店)など。