「日本歴史 私の最新講義」シリーズ

『日本建築の独自性』  濵島正士

更新日 2015年7月24日

■他のネット書店で購入

 

(詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。)

 

 

■敬文舎で購入

下記の方法でお申し込みください

 

・電話

・FAX

メールフォーム

 

【1、書名 2、冊数 3、送り先 4、電話番号 5、氏名 】をお知らせ下さい。

※送料無料、代金後払いにてお送り致します。

2015年7月31日(金)発売

 

『日本建築の独自性』 濵島正士

-古代・中世の社寺建築-

 

定価:本体2,800円+税(税込3,024円)

仕組み:四六判 上製 320ページ

ISBN:9784906822638

 

中国の影響を、二度も受けながら発展してきた、神社・寺院に共通する日本建築の独自性とは?

 

  • ◉日本建築の独自性とは
    ◉古代の神殿と新形式の本殿
    ◉寺院建築の伝来と国風化
    ◉神仏習合の建築
    ◉天台・真言二宗の建築
    ◉宋様式の導入と展開
    ◉地方の社寺建築
    ◉近世以前の建築保存

     

濵島正士(はましま・まさじ)

1936年、大阪府生まれ。

神戸大学工学部建築学科卒業。文化庁文化財保護部建造物課、国立歴史民俗博物館を経て、現在、(公財)文化財建造物保存技術協会会長。
神社建築、寺院建築に関する著書多数。