「日本歴史 私の最新講義」シリーズ

『日本古代の王権』 荒木 敏夫

更新日 2013年4月20日

■他のネット書店で購入

 

(詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。)

 

 

■敬文舎で購入

下記の方法でお申し込みください

 

・電話

・FAX

メールフォーム

 

【1、書名 2、冊数 3、送り先 4、電話番号 5、氏名 】をお知らせ下さい。

※送料無料、代金後払いにてお送り致します。

2013年5月22日(水)発売!!

 

『日本古代の王権』 荒木 敏夫

 

定価:本体2,400円+税(税込2,592円)

仕組み:四六判 上製 320ページ

ISBN:9784906822058

 

 

古代王権の展開の歴史を、王位継承・譲位・幼帝などのほか、「苑池」「日蝕」など新しい視点から考え直す。

 

  • ◉序章 王権とはなにか—王権論への誘い
  • ◉第1章 古代の王位継承
  • ◉第2章 古代王権と譲位
  • ◉第3章 古代の王権構造—非常時と日常時の王権
  • ◉第4章 古代王権の多極構造
  • ◉第5章 古代の苑池と王権
  • ◉第6章 日蝕と王権
  • ◉第7章 王の引見・謁見—『寛平御遺誡』と外交儀礼
  • ◉第8章 研究小史—王権研究と日本古代史

荒木 敏夫(あらき・としお)

専修大学教授。1946年、東京生まれ。早稲田大学文学部大学院文学研究科史学専攻。専門は古代史、とくに古代天皇制をさまざまな角度から研究している。