「日本歴史 私の最新講義」シリーズ

『自由民権期の社会』 大日方 純夫

更新日 2012年10月25日

■他のネット書店で購入

 

(詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。)

 

 

■敬文舎で購入

下記の方法でお申し込みください

 

・電話

・FAX

メールフォーム

 

【1、書名 2、冊数 3、送り先 4、電話番号 5、氏名 】をお知らせ下さい。

※送料無料、代金後払いにてお送り致します。

2012年10月25日発売!!

 

『自由民権期の社会』 大日方 純夫

 

定価:本体2,400円+税(税込2,592円)

仕組み:四六判 上製 320ページ

ISBN:9784906822027

 

 

警察・民権・対外認識の三つのレンズを自由民権期(1881年前後)の東京の上に重ねて、都市社会の形相を探る。

 

  • ◉第1章 政治の季節
  • ◉第2章 近代化の強制装置
  • ◉第3章 生活の構造
  • ◉第4章 娯楽の空間
  • ◉第5章 社会の裏面と底辺
  • ◉第6章 日本のなかの「世界」

大日方 純夫(おびなた・すみお)

1950年、長野県生まれ。早稲田大学文学部卒業。現在、早稲田大学文学学術院教授。専門は日本近代史(政治史、警察史、社会史)。